耐久性が低い

雪の季節ともなると、スタッドレスタイヤをつけているドライバーが急増します。
日本の場合は、山岳部が多いのですので、冬場は雪道を想定した装備をしておかないと、不便どころか、下手すれば重大な事故につながりかねません。
一般的には、スタッドレスタイヤを装着すれば、たいがいの雪道の走行に問題はありません。
ただ、積雪した坂道やアイスバーンなどでは、空回りしてしまって前に進まないシチュエーションを見かけることがあります。
非常事態に備えて、チェーンを用意しておくことが望ましいです。
「全車両チェーン装着規制」が出された場合は、チェーンを装着していないと車で走ることができません。
チェーンには、金属と非金属タイプとに分けられます。
金属タイプは安価で効きがよく、非金属タイプは高価ではあるが振動が少なく走りが快適である、といった特徴があります。
ほかにも、非金属タイプは軽量で、畳むとコンパクトなサイズになる、という点も評価されています。
常に車に乗せて携帯するには向いています。
ただ、チェーンとしての耐久性は、金属チェーンより低くなるのはやむを得ません。
使用するのは、雪道脱出の短距離にとどめておくのが好ましいです。
コンクリート舗装面を、非金属チェーンを装着したまま長距離走行するのは避けるべきです。

コメントは受け付けていません。