高速走行をしても安心

滑り易い路面で高速走行を行う場合は、十分な路面との摩擦が必要ですし、ブレーキを掛けた場合に止まれなければ危険ですから、必要に応じてチェーンを使う事が大切です。
チェーンは摩擦力を向上させますし、冬場で役立つ強力な味方ですから、長く使われる事には理由があるので、実績が信頼されて冬の路面で活用されます。
金属性のチェーンは一般的ですし、入手性や価格の面で利点はありますが、金属なので温度の影響が受け易いデメリットがあり、高速で走ると摩擦力に影響を与えます。
金属その物が滑り易い性質を持ちますから、チェーンとして路面に食い込む事は可能ですが、摩擦力の面では非金属に劣りますし、全ての走行状態に対応する能力は若干低下します。
非金属チェーンは金属製よりも高価ですが、普及によって利用者は広がっていますし、利用が増加する事で価格は低下しますから、更に普及の好循環が生まれています。
高速でも安定した性質を持ちますし、摩擦力を維持して路面との接地を行いますから、スタート時の走り出しに限らず、急なブレーキを必要とする場面でも活躍します。
ブレーキを路面に伝える事が重要ですから、伝わりが弱ければ目的の地点で止まれませんし、冬場であっても突然の状況に備える事が求められます。

コメントは受け付けていません。