非金属チェーンの特徴

冬場に道路が凍結していたり、積雪の際に滑り止めとして必要になるのがタイヤチェーンですが、大きく分けると金属チェーンと非金属チェーンの2つのタイプに分けられます。金属チェーンと比較した場合に、非金属(ゴムやプラスチック製)チェーンの特徴は、走行時の音が比較的静かであること、雪のない乾燥路面でも金属タイプよりも摩耗しにくいこと、装着時の最高速度が高い(50~70km/h)こと、前後方向のみならず横方向のグリップ力も強いこと、金属チェーンは走行中に緩んでくるので頻繁に調整する必要がありますが、ゴムやプラスチック製のチェーンは常にゴム製のワイヤーで締め付けている状態なので走行中に緩むことが無いこと、チェーン装着時にタイヤの接地面の中心から多少ずれていても走行中に正しい位置に移動することなどです。その一方で非金属のゴムやプラスチック製チェーンの欠点は、収納時にかさばること、金属チェーンよりも凹凸が少ないため新雪での滑り止め効果が金属よりも劣ること、ゴムは長期間保存すると劣化すること、値段が高価であることなどです。最近では布製のタイヤチェーンが販売されていますが、チェーン規制区間では布製のものが認められないことがあるので注意が必要です。

コメントは受け付けていません。