非金属チェーンならではの短所

冬場の季節で、雪が降ったり積もったりしているときに、車を走行する際タイヤが滑らないよう対策する必要があります。その中で1番定番とされているのが、スタッドレスタイヤです。しかし、このタイヤを使用する場合は、タイヤの付け替えを自分でおこなわなければならないので、手間と時間がかかってしまいます。また、タイヤの保管場所を確保しなければなりません。そこで、もう一つの対策としてあるのが、タイヤにチェーンを巻きつけるやり方です。この場合は、タイヤにチェーンをひっかけていくだけなので、手間と時間を省くことができます。また、保管場所に困ることもありません。しかし、金属製のチェーンを使用した場合、チェーンと路面の擦れで振動がすごく、騒音が気になることが多くあります。そのため、乗車していて不快に感じることがあります。また、同じタイプの物でゴム製で出来ている非金属チェーンというものもあり、こちらは振動や騒音がないことから人気を集めています。ゴム製なので取り付けも更にスムーズに出来るのです。しかし、デメリットとしてスタッドレスや金属チェーンに比べ効果があまり期待できないこともあります。なのでその時の用途により、合ったものを選ぶことをお勧めします。

コメントは受け付けていません。